ホテルビジネスはコンセプトが大事

ホテルビジネスはいろいろな環境要因で業績が左右されますが、主なものとしては一般企業の業績や消費者の所得増加といった景気に関わるものと、地価の上昇や都市開発などの不動産市場の状況が挙げられます。



どちらも相互に関連している部分はありますが、企業業績や消費者所得増加はどちらかというとホテルを利用する側の環境、不動産市況はホテルを経営している事業者側の環境と考えることができるでしょう。



このビジネスは、他の不動産事業と同様に、どこに建物を構えるかという立地が大きく業績を左右します。



そして、地価が高く一般的な需要が少なかったとしても、高級宿泊施設としてのブランドが確立できれば採算が取れるようになるという点が大きな特徴でもあります。



そのため、立地とともに、どんな宿泊施設を目指すのかというコンセプトが非常に大事になります。


高級宿泊施設を目指せば目指すほど価格競争から一歩離れて経営することはできますが、ブランドが認知されなければ大損するリスクもあります。



普通のホテルを目指せば価格競争に巻き込まれます。



どんな商売もそうですが、コンセプトをきっちり決めたら、サービスの最大化とコストの削減で顧客満足を向上させるしか道はないでしょう。その上で、法人需要や個人需要が景気が良くなって盛り上がってきた時に確実に利益を出すという経営スタイルが求められるのがホテル事業ではないでしょうか。



厳しい競争のある世界ですが、競争によりいい宿泊施設が揃ってくると利用者にとってはありがたい状況になるでしょう。



関連リンク

  • どこかに遠出をしたりするとその場所に留まらなければいけませんのでよりよい宿を探さなければいけません。その一つとしてはホテルを利用をするということが大変人気を得ています。...

  • ビジネスの出張には宿泊がつきもので、必要な場合はビジネスホテルを使うという人がほとんどでしょう。多くのビジネス目的の宿泊施設の料金は比較的安めで利用しやすい価格設定になっていますので、連泊をする場合でも最小限の支出で済みます。...